日光四季祭イベントを楽しもう

冬のモデルコース その3

冬のモデルコース その3

1泊2日

10:00 

日光東照宮

13:00 

日光山輪王寺

15:00 

日光二荒山神社

17:00 

日光温泉

19:00 

化け地蔵ライトアップ(旧日光キャンドルページェント)

10:00 

杉並木公園

11:00 

日光杉並木街道

13:00 

冬牡丹室内庭園

 日光市の既存イベントにプラン1することで魅力をひとつ上げようという「日光四季祭」イベント。今回は日光世界遺産地区と今市地区を回るモデルコースです。

スタート

JR日光駅または東武日光駅より東武バスで約15分、「西参道」バス停下車徒歩約5分 

日光東照宮
1
10:00
江戸幕府初代将軍徳川家康を神としてまつる神社
(にっこうとうしょうぐう)

 日本を代表する世界遺産「日光の社寺」。その中でももっとも有名な「日光東照宮」は徳川家康がまつられた神社で、現在の社殿群は、そのほとんどが寛永13年3代将軍家光による「寛永の大造替」で建て替えられたもの。境内には国宝8棟、重要文化財34棟を含む55棟の建造物が並び、その豪華絢爛な美しさは圧巻です。全国各地から集められた名工により、建物には漆や極彩色がほどこされ、柱などには数多くの彫刻が飾られています。


 


※現在、日光東照宮は「平成の大修理」として、改修をおこなっております。現在は神厩舎にあります三猿の彫刻が改修工事中です。(終了予定:平成29年3月末)


参拝の際はご注意ください。


 なお、三猿の修理中は、複製品や写真の展示を行います。


※眠り猫に関しては平成28年11月28日に修復が完了しました。


※日光東照宮陽明門は平成29年3月10日(金)に竣工式を行い、現在は見学可能となっています。


 

住所 〒321-1431
栃木県日光市山内2301
電話番号 0288-54-0560

徒歩約5分 

日光山輪王寺
2
13:00
奈良時代に創建された、東叡山・比叡山と並ぶ大本山
(にっこうざん りんのうじ)

日光山輪王寺はお堂や塔、15の支院全体の総称で、「日光の社寺」として世界遺産に登録されています。1200年以上前、日光開山の祖である勝道上人が四本龍寺を建てたのが始まり。天台宗三本山のひとつに数えられ、日光山全体を統合していました。日光三山の本地仏をまつるお堂「三仏堂」は日光山最大の規模を誇る木造建造物で、千手観音(男体山)・阿弥陀如来(女峰山)・馬頭観音(太郎山)三体の仏像がまつられています。毎年4月2日に三仏堂で行われる「強飯式」といわれる古い儀式は、修験者の姿をした強飯僧が強飯頂戴人に3升ものご飯を強いるというもの。強飯頂戴人になって儀式を受けると、無病息災、家運長久などの運を授かるといわれています。


 


 

住所 〒321-1431
栃木県日光市山内2300
電話番号 0288-54-0531

徒歩約5分 

日光二荒山神社
3
15:00
福の神・縁結びのご利益でも知られる神社
(にっこうふたらさんじんじゃ)

1200年以上前、勝道上人が開いた日光山。二荒山神社は日光山信仰の始まりとなった古社で、二荒山(男体山)をご神体としてまつり、古くから下野国の一の宮としてうやまわれ、信仰を集めていました。二荒山神社の主祭神は招福や縁結びの神様、大己貴命(おおなむちのみこと)がまつられており、現在では縁結びのご利益でも人気の社です。また、日光山内の入り口を飾る木造朱塗りの美しい橋「神橋」は、二荒山神社の建造物。世界遺産「日光の社寺」の玄関ともいえる橋になっています。

住所 〒321-1431
栃木県日光市山内2307
電話番号 0288-54-0535

徒歩約5分 

日光温泉
4
17:00
日光山内周辺に湧き出る門前の湯
(にっこうおんせん)

日光の市内、世界文化遺産にも登録された日光二社一寺の周辺に広がる温泉地。

その昔、弘法大師が「夢想の湯」と呼んでいた源泉を近年掘り当てた温泉で、無色透明の泉質。肩こりや神経痛、美肌に効果があるといわれています。

日光山内を巡った後、門前に湧き出る温泉でゆっくりと疲れを癒すことができるのが魅力。宿を起点に日光門前町の散策をしてみるのもオススメです。

 

住所 栃木県日光市所野
電話番号 0288-54-3126 (日光温泉旅館協同組合)

徒歩約15分 

化け地蔵ライトアップ(旧日光キャンドルページェント)
5
19:00
幻想的な雰囲気を楽しもう
(ばけじぞうらいとあっぷ)

 大谷川が荒々しい流れを見せる景勝地・憾満ヶ淵を舞台に、並び地蔵(化け地蔵)等にキャンドルが灯され神秘的な雰囲気に包まれます。


 

電話番号 0288-54-3126 (日光温泉旅館協同組合)

東武バスで東武日光駅へ、東武日光駅より約10分、上今市下車すぐ 

杉並木公園
6
10:00
のどかな水車の音と文化遺産・旧江連家
(すぎなみきこうえん)

 日光杉並木街道の保護と、地域の文化継承のために整備された公園。

旧今市市は杉線香の生産日本一を誇っていますが、かつては杉線香生産の動力として水車が利用されていました。米つき、粉ひきなども使われた、数多く見ることのできた水車を園内に設置し、当時を懐かしみ体験できるようになっています。また、公園内には歴史的価値が高く貴重な文化遺産である旧江連家(1830年築、約90坪)が移築され、二宮尊徳の報徳仕法により建てられた「住宅報徳仕法農家」が復元され、現在は蕎麦屋として営業しています。


 


(写真は、「日光フォトコンテスト入賞作品」を使用しています。)

住所 〒321-1263
栃木県日光市瀬川
電話番号 0288-21-5611 (日光市観光協会今市支部)

徒歩1分 

日光杉並木街道
7
11:00
全長37km 天にそびえ立つ緑のカーテン
(にっこうすぎなみきかいどう)

 日光街道・例幣使街道・西会津街道の3つの街道で、全長37kmに渡って道の両側に約1万2350本(平成25年度時点、栃木県HP参照)もの杉の木がうっそうとそびえ立つ並木道。

徳川家の忠臣・松平正綱が20年余りの年月をかけて20万本以上もの杉を植樹し、家康の33回忌の年に日光東照宮の参道並木として寄進しました。高さ約30mにも成長したこの杉並木は現在日本で唯一、特別史跡と特別天然記念物の二重指定を受けており、平成3年には「世界一長い並木道」としてギネスブックに認定され、「日光街道杉並木まつり」や「杉並木マラソン」などの催しも行われています。日光街道を宇都宮に向かう右側には、桜が寄生した珍しい「桜杉」があります。


 


(写真は、「日光フォトコンテスト入賞作品」を使用しています。)

住所 〒321-1263
栃木県日光市瀬川地内 杉並木公園他
電話番号 0288-21-5611 (日光市観光協会今市支部)

徒歩約10分 

冬牡丹室内庭園
8
13:00
冬牡丹を楽しもう
(ふゆぼたんしつないていえん)

淡いピンク色や紅色など艶やかに咲く冬牡丹を眺めながら、一足早い春を楽しみませんか。


冬牡丹の端正な佇まいと日本庭園を組み合わせた室内庭園で趣のある和のひとときを過ごせます。


また、展示後の牡丹を販売いたします。


 


◆牡丹の育て方教室開催


期間中、会場ステージにて牡丹の育て方教室を開催いたします。


初心者向けの年間を通じての管理方法と注意点などを講義を行います。


・開催日時


1月28(土)、2月1日(水)、2月3日(木) すべて14:00~


・場所


ニコニコ本陣多目的ホール会場ステージ上


※上記期間以外は、ステージにて常時相談会を実施しております。お気軽にお立ち寄りください。


 


 


◆展示後の牡丹販売について


下記の日程で展示後の牡丹を販売いたします。


・開催日時


1月29日(日)15:00~、1月31日(火)13:00~、2月2日(木)10:00~


・予約数


各日100本(先着順)


・価格


1鉢1,200円


・注意点 


1名様に付き1鉢とさせていただきます。


予約当日に現金を添えてご予約ください。


引取日が2月6日(月)9時からとなります。この日に来られる方に限ります。


品種は選べません。


 

住所 栃木県日光市今市717-1
電話番号 0288-21-5611 (日光市観光協会今市支部)

徒歩約10分、下今市駅へ 

ゴール
このコースのルートマップ
コースで紹介したスポットの情報は当サイトにて詳しく見ることができます。